パソコン書・ビジネス書出版のソーテック社

ソーテック社 | パソコン・ビジネス書籍出版

詳細!Swift3 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 3+Xcode 8対応

Google検索

Google

WWW を検索
sotechsha.co.jp を検索
InDesign スーパーリファレンス CC 2017/2015/2014/CC/CS6対応
「InDesign」がCreative Cloudによる製品提供となり、CCになってからCC 2017となりました。通算バージョンでも12です。 数多くのクリエイティブ製品が揃っているAdobeのCreative Cloudデスクトップアプリの中で、InDesignはDTP=ページレイアウト用のソフトウェアとして位置づけられます。 主に印刷物の制作に使われるアプリですが、もちろん電子書籍の制作にも対応しています。

今回、改訂作業をしながら素直に思ったのは、「InDesignってよくできてるアプリだな」ということでした。 Illustrator、PhotoshopといったAdobeの主力アプリに比べるとInDesignの歴史はあまり長くありません。それだけに、使い手のことを考えて作られていると感じます。

InDesignでは、文字書式以外にも多くの設定をスタイル登録でき、編集作業や修正作業が効率的に行えます。 機能を理解すれば、多くの作業が飛躍的にスピードアップします。ページ数の多い書籍や雑誌の制作には、これほど心強いものはありません。

未だに、ページ物の制作にIllustratorやPhotoshopを使っているユーザーが多いようです。しかし、餅は餅屋です。レイアウトソフトには、単純でも時間を要する作業を効率化するためのツールが備わっています。

「ページの下部にノンブルを入れる」「ヘッダー部分に章タイトルを入れる」「タイトルの囲みのデザインを一気に変更する」「目次を見出しタイトルから作成する」「索引を作成する」…。 手作業でできる単純な作業も、数が多くなればミスも増えます。漏れも多くなります。InDesignであれば、多くの作業を自動または半自動でできます。InDesignの便利さをちゃんと知るべきです。

本書は、InDesign CCのほとんどの主要な機能を図を使ってわかりやすく、詳細に説明しています。 InDesign CCのユーザーが困ったとき、真っ先に、本書を開いてもらえるように作成しました。読者のほんの少しでもお手伝いができたら幸いです。

(本書「まえがき」より)
カバーイメージ
著者:井村克也
B5変形・368ページ・オールカラー
本体価格:2,680円+税
ISBN978-4-8007-1180-9
 
本の購入はこちらからどうぞ
アマゾンで購入 ヨドバシ.comで購入 楽天ブックスで購入
電子書籍の購入はこちらからどうぞ
Amazon Kindle / Kobo / honto / Reader Store / iBooks / Kinoppy
サポートページへ
目次を表示する ≫
CHAPTER 1 InDesignとDTPの基礎
CHAPTER 2 ページの作成と操作
CHAPTER 3 文字入力と書式設定
CHAPTER 4 段落書式と組版
CHAPTER 5 スタイルの活用と各種ファイルの読み込み
CHAPTER 6 オブジェクトの基本操作と編集
CHAPTER 7 画像の配置と編集
CHAPTER 8 図形の作成と編集
CHAPTER 9 カラーの適用
CHAPTER 10 表の作成と編集
CHAPTER 11 ブック・目次・索引
CHAPTER 12 印刷・パッケージ・書き出し
CHAPTER 13 環境設定とカスタマイズ
≪ 目次を隠す
※お使いのブラウザでJavaScriptが無効の場合は機能しません。